3~4か月頃は家庭ルールをしっかり覚える時期!

生後3~4か月の子犬はとってもやんちゃ!いたずらしながらいろんなことを覚えていきます。とってもかわいいですが、この時期はやることがたくさん!家庭のルールの基本をしっかりと身に着けさせましょう。

また、予防接種もこの時期に行われますので、併せて外に出る訓練を行う必要が出てきます。近年、うまく社会化ができず、外に出れないなんて言うわんちゃんも出始めてきたそう。そんなことにならないように気を付けてくださいね!

歯の生え変わりもあり、柱や壁をがりがりと噛む子もいます。そういう場合は苦いスプレーをふりかけ、かじろうとしたときにこらっと声掛けをすることで改善することができます。同時に、噛んでもいいおもちゃを与えてあげておくとわんちゃんもストレスなく、過ごすことができますよ。

来客があっても興奮しない、ハウスに入るなどもこのころからしつけておきましょう。来客がいつも犬が好きだとは限りません。犬嫌いの人が来る可能性もあります。そんな時、吠えたり興奮して飛びつく犬だとお客様を不愉快にさせてしまいます。少しづつ、興奮を抑えられるようにしてあげましょう。

家庭内のボスは人間である、と言うことを教えるのもこの時期からです。いけないことをしたらしっかりと叱り、良いことをしたらたっぷりほめてあげることで犬との間に信頼関係が生まれます。叱ることとほめることには一貫性を持たせ、犬の混乱を防ぐようにしましょう。

人間自身もいろいろなことを学び、犬のリーダーとしての成長が求められる時期でもありますので二人三脚で頑張ってください。