コイは必ず覚えさせておこう

絶対覚えさせておきたいしつけの一つとして「コイ」があります。飼い主の声で飼い主の元に戻れないとトラブルの元。しっかりコイを覚えさせておきましょう。

コイの基盤となるのは飼い主との信頼関係。できれば4か月頃から下地を作るようにしておきましょう。最初はおやつを使ってもいいです。とにかく「来い」で来たら褒める、遊んであげる撫でてあげる、それを繰り返すのです。そうすると犬は飼い主に呼ばれたら行く=いいことがあると学習します。この時、飼い主が普段の生活の中でいかにリーダーとしての役割を果たしているかがカギになります。普段の生活でしっかりと指示を出し、褒めること、しかることのメリハリがある場合は犬はこの命令を喜びます。が、犬になめられきっている場合、犬はいいとこどりをしようとしているだけになりますので、次のステップに進むと途端にできなくなってしまうことにつながりますので普段の生活を見直しましょう。

家の中で来いがうまくできるようになったら次は、外で遊んでいるときに呼んでみます。この時はチェーンカラーを付け、リードは長めのものを使用。こちらを向いたときに来いと声をかけますが、来なかった場合はもう一度来い!と言うと同時にリードを引きましょう。何度も失敗させてはいけません。とにかく引っ張って「来い」の合図とともに来なければいけないと教え込むのです。(と言うよりも失敗が多いようならなめられている証拠なので最初のステップからやり直してください)犬が来たら誘い込むようにして上から座れをさせます。コイからスワレまでが一つの流れです。スワレができたら褒めてあげましょう。

少しづつリードを伸ばし、最終的には声だけで戻ってこれるようにするのが目的です。