服従訓練って何?

服従訓練とはその名の通り、犬を服従させるための訓練のこと。

犬は本来、リーダーが率いる群れで生活する動物であるため、飼い主がリーダーとならなければ言うことを聞かなくなってきます。

主な服従訓練として、フセ、マテ、ツイテなどの飼い主の指示を繰り返し聞かせること、アイコンタクトをとったり、人間が先に食事をしたり日々の行動の中に順序をはっきりとさせることなどがあります。

この服従訓練がうまくいかない場合、アルファ症候群と言って犬自身が自分がボスなんだと思い込んでしまうという状態に陥ってしまうことがあります。

アルファ症候群に陥った犬の症状としては【気に入らないことがあると噛む】【飼い主の指示を聞かない】【吠えて飼い主に言うことを聞かせようとする】【常に飼い主のリードをしようとする】などがあげられます。

アルファ症候群の犬は人間社会では到底受け入れられないような行動をとるので飼い主は悩みますが、正しいしつけを行うことによって改善することは可能です。

服従訓練は一度したら終わりではなく、毎日繰り返し、行うことがとても重要になってきます。犬がかわいいからと言って甘やかさず、いけないことをしたときはしっかり叱り、褒める時は心から褒めてやることで犬は飼い主を尊敬し、「この人間について行けば間違いない!この人が自分のボスなんだ!」と感じます。

服従訓練の難しいところは暴力などで教えようとすると逆に犬に「いつかこいつからリーダーの座を奪ってやる!」と思われてしまう可能性があるということです。あくまでも犬が心から喜んで飼い主の言うことを聞きたい!と思うようにしていくことが服従訓練の目的です。

1.ゴールデンレトリバーと生きる
ゴールデンレトリバー専門のサイトなので、色々参考になります。

2.プチ・ワン・スウィート
毎日家族のために働いている主人に紹介したくなるサイトです。

3.無駄吠え
犬の躾は悩みの一つでしたので参考にしたいサイトです。